トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)


Daniel HOPE


photo

1974年生まれ。4歳よりヴァイオリンを始め、英国王立音楽大学でイツァーク・ラシュコフスキー、フェリックス・アンドリェフスキー、グリゴリー・チスリンに、英国王立音楽院でザハール・ブロンに師事。10歳でイギリスのテレビに出演し、コントラバス奏者ゲーリー・カーとショスタコーヴィチの作品を共演。翌年、ユーディ・メニューインの招きにより、ドイツのテレビでバルトークのデュオを共演した。これを契機にメニューインとは60回を越す共演を重ね、彼の最後のコンサートにも出演している。
これまでに共演した指揮者には、マズア、ロストロポーヴィチ、ノリントン、インバル、フェドセーエフ、ティーレマン、ハーディング、オラモ、ナガノ、プラッソンらがおり、ボストン、シカゴ、ベルリン、ドレスデン、ライプツィヒ、ロンドン、イスラエル、モスクワ、パリ、オスロ、ストックホルム、ウィーンなど世界各国の名門オーケストラと共演。また、BBCプロムス、ルツェルン、ラヴィニア、ザルツブルク、ヴェルビエ、タングルウッドなど世界の主要な音楽祭にもたびたび登場している。さらにメクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭芸術監督、サヴァンナ音楽祭準芸術監督も努めている。2002年からは名門ボザール・トリオのメンバーとして各国のツアーに参加、05年の50周年記念コンサートにも出演した。
多数の録音を収めており、04年、ベルクとブリテンの協奏曲の録音は、イギリスのクラシカル・ブリット賞、ドイツ・レコード大賞、エコー・クラシック賞を受賞。05年グラミー賞では2部門にノミネート、06年まで3年連続でエコー賞を獲得している。07年には、ドイツ・グラモフォンと専属契約。
トッパンホールには、08年6月の日本デビューリサイタルで初登場。その後も09年、12年に登場し、聴衆を魅了している。
公式web site(英語)はこちら >>>