トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



堀米ゆず子(ヴァイオリン)


Yuzuko HORIGOME


photo
Photo:Christian Lambiotte

4歳よりピアノを始め、5歳よりヴァイオリンを久保田良作氏のもとで始める。1975年より江藤俊哉氏に師事。80年桐朋学園大学音楽科を卒業。80年、ベルギー・ブリュッセルにおけるエリーザベト王妃国際音楽コンクールで、日本人として初めて優勝。その結果、一躍注目を集めヨーロッパを中心に世界各地からオーケストラとの共演、リサイタルなどの招待を受け、はやばやと一流演奏家の仲間入りを果たした。共演した主なオーケストラには、ベルリン・フィル、ロンドン響、ウィーン響、ミラノ・スカラ・フィル、アムステルダム・コンセルトヘボウ管、フィラデルフィア管、ロサンジェルス・フィル、モントリオール響、シカゴ響、ニューヨーク・フィル、ボストン響、日本の各オーケストラなどがある。ソリストとしての活躍に加え、室内楽にも積極的に取り組み、アメリカのマールボロ音楽祭やクレーメルの主宰する“ロッケンハウス音楽祭”にしばしば参加。さらに90年からは、カザルスホールのレジデント・クァルテットである“カザルスホール・クァルテット”のオリジナル・メンバーとしても活躍、6回の日本ツアーを行って高い評価を得た。96年には、サントリーホール10周年を記念して作曲された湯浅譲二のヴァイオリン協奏曲「イン・メモリー・オブ 武満徹」を世界初演し、CDとしても発売された。最近のハイライトとしては、アシュケナージ指揮チェコ・フィルとの共演、ジェームス・ディロンのヴァイオリン協奏曲日本初演、ヤーノシュ・シュタルケルとの共演、ルクセンブルク公主催のチャリティ・コンサートへの出演、アムステルダム・コンセルトヘボウでのブラームスのコンチェルト(フランツ=パウル・デッカー指揮北オランダ響)などがある。現在、ブリュッセル王立音楽院客員教授。使用楽器は、ヨゼフ・グァルネリ・デル・ジェス(1741年製)。