トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)


Alina IBRAGIMOVA


photo
©Sussie Ahlburg

ロシア生まれ。1996年に家族と共にイギリスに転居、97年からメニューイン音楽学校、その後、英国王立音楽大学で研鑽を積む。これまでに、ナターシャ・ボヤルスキ、ゴーダン・ニコルッチ、クリスティアン・テツラフ、エイドリアン・バターフィールドらに師事。98年、ユネスコ人権宣言50周年のオープニング・セレモニーで、メニューインの指揮の下、ニコラ・ベネデッティとバッハの《2つのヴァイオリンのための協奏曲》を共演。いくつかの国際コンクールに入賞の後、2002年にソロ活動を開始。
BBCラジオ第3の新進音楽家育成プログラムのアーティストに選ばれ、バーミンガム市交響楽団、フランクフルト放送交響楽団等と共演、さらにザルツブルク音楽祭とヴェルビエ音楽祭で室内楽コンサートを、パリのルーヴル美術館でソロ・リサイタルを行う。
07年にウィグモアホールにデビュー、またフランソワ=グザヴィエ・ロト指揮/ロンドン交響楽団の共演でBBCプロムスにデビュー。サー・チャールズ・マッケラス指揮/フィルハーモニア管弦楽団とはメンデルスゾーンを、ジャンアンドレア・ノセダ指揮/BBCフィルハーモニーとはベートーヴェンを、ヤニック・ネゼ=セガン指揮/フランクフルト放送交響楽団とプロコフィエフ、第25回ロッケンハウス音楽祭でギドン・クレーメルとモーツァルトの協奏曲を共演する。
また、ザルツブルク・モーツァルト週間2005でクレメラータ・バルティカを弾き振りし、指揮者としてもデビュー。以来クレメラータ、ギドン・クレーメルとはザルツブルク音楽祭、ヴェルビエ音楽祭等で数多く共演している。
録音では、07年にリリースされたハイペリオンのデビューCDでブリテン・シンフォニエッタとハルトマンの葬送協奏曲の弾き振りで共演。また12年には、セドリック・ティベルギアンとシューベルトの作品集を発表し、好評を博している。
09年クラシック・ブリット・アワードのヤング・ブリティッシュ・クラシカル・パーフォーマー賞受賞。11年ロイヤル・フィルハーモニー協会のヤング・アーティスト・アワード受賞。
使用楽器は、ゲオルグ・フォン・オペルから貸与されたアンセルモ・ベロジオ製作(1775年)。