トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)


Leonidas KAVAKOS


photo
©Marco Borggreve

アテネの音楽一家に生まれ、5歳から父にヴァイオリンの手ほどきを受け、続いてギリシャ音楽院でステリオス・カファンタリスに師事。オナシス財団からの奨学金を得てインディアナ大学のマスタークラスでジョゼフ・ギンゴールドの教えを受け、1984年、アテネ・フェスティヴァルでデビュー。85年のシベリウス・コンクールと98年のパガニーニ・コンクールでの優勝以来、数々の国際音楽祭にデビューし、世界の主要オーケストラや多くの著名指揮者と共演。 室内楽にも力を入れ、92年からアテネのメガロンで自ら主宰する室内楽シリーズの芸術監督を務めている。また、世界の主要な室内楽音楽祭のいくつかにも定期的に参加している。
シベリウスの協奏曲(オリジナル版による)の初録音(BIS)に対して贈られた90年グラモフォン賞から、ヒンデミットの協奏曲(Chandos)、イザイのソロ・ソナタとクライスラーの作品によるCD(BIS)、コルンゴルト(ARTE TV)とベルク(BBC TV)についてのテレビ・ドキュメンタリーなど、幅広いレパートリーとプロジェクトで賛辞を集める。
最近では、ロサンジェルス・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団へデビューを飾り、ロンドン交響楽団とはティルソン・トーマスの指揮で演奏し、カメラータ・ザルツブルクとはノリントンの指揮でツアーを行った。さらにNHK交響楽団にデュトワの指揮でデビューし、ラヴィニア音楽祭、ハリウッド・ボウル、BBCプロムスにも出演した。BBCプロムスではブロムシュテット指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と共演した。
12年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のアーティスト・イン・レジデンスに就任。
使用楽器は1692年製ストラディヴァリウス「ファルマス」。カメラータ・ザルツブルク首席客演奏者。