トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)


Leonidas KAVAKOS


photo
©Marco Borggreve

アテネの音楽一家に生まれ、ステリオス・カファンタリス、ジョゼフ・ギンゴールド、フェレンツ・ラードシュらに師事。1985年シベリウス・コンクールと88年パガニーニ国際コンクール等の優勝により、たちまち全ヨーロッパで名声を獲得。以来、世界のほとんどの主要オーケストラや多くの著名指揮者と共演を果たしている。
2017/18シーズンには、アムステルダム・コンセルトヘボウおよびウィーン楽友協会のアーティスト・イン・レジデンスを同時に務める。またミラノ・スカラ座フィルハーモニー管弦楽団ヨーロッパ・ツアー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ヨーロッパ&アジア・ツアーにソリストとして参加。このほか、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など錚々たるオーケストラからソリストとして招かれている。
室内楽にも力を入れ、17年から18年にかけて、ユジャ・ワンとのデュオ・リサイタル、ヨーヨー・マとエマニュエル・アックスとのトリオによる北米ツアーが予定されている。また指揮者としても活躍の場を広げ、ニューヨーク・フィルハーモニックやロンドン交響楽団などを精力的に指揮し、高く評価されている。
レコーディングにおいては、Deccaの専属アーティストとして、エンリコ・パーチェとのデュオによる「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ集」(エコー・クラシック・アワード受賞)をはじめ、リッカルド・シャイー指揮/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」、ユジャ・ワンと「ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集」などを録音。本年9月には、ヨーヨー・マらと共演した最新盤「ブラームス:ピアノ三重奏曲集」(Sony)をリリース。
2017年、デンマークの由緒ある音楽賞で、世界屈指の優れた音楽家に贈られるレオニー・ソニング音楽賞を受賞。
トッパンホールには、12年、エンリコ・パーチェとともにベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ(第1番、5番、9番)によるプログラムを披露。その清新な演奏で聴衆を驚嘆させた。
使用楽器は1734年製ストラディヴァリウス“Willemotte”。