トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



河村尚子(ピアノ)


Hisako KAWAMURA


photo
©居坂浩文

1986年に渡独後、ハノーファー国立音楽芸術大学で学ぶ。2006年ミュンヘン国際コンクール第2位、07年クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール優勝。これまで、ウラディミール・クライネフ、澤野京子、マウゴルジャータ・バートル・シュライバーらに師事。
ドイツを拠点に国際的に活躍し、ウィーン交響楽団、バイエルン放送交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、モスクワ・ヴィルトゥオーゾなどのソリストに迎えられている。
日本では、04年小林研一郎指揮/東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会でデビュー。以来、準・メルクル指揮/NHK交響楽団を含む国内の主要オーケストラと相次いで共演する一方、フェドセーエフ指揮/モスクワ放送交響楽団、ルイジ指揮/ウィーン交響楽団の日本公演ソリストにも選ばれる。その後、ヤノフスキ指揮/ベルリン放送交響楽団や、プレトニョフ指揮/ロシア・ナショナル管弦楽団と共演。そのほかテミルカーノフ指揮/読売日本交響楽団、ラザレフ指揮/日本フィルハーモニー交響楽団、ヒエロフラーヴェク指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団との公演も好評を博している。
CDは、09年RCA Red Sealレーベルより「夜想(ノットゥルノ)〜ショパンの世界」でメジャーデビュー。最新版「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、チェロ・ソナタ」も高い評価を得ている。09年新日鉄音楽賞、出光音楽賞、12年文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞、13年ホテルオークラ音楽賞など受賞歴も多い。
トッパンホールには、10年〈ニューイヤーコンサート〉や〈エスポワール シリーズ〉などでいずれも素晴らしい演奏を披露。エスポワール最終回では、クレメンス・ハーゲンとの初共演で聴衆を魅了した。
15年よりドイツ・エッセンのフォルクヴァング芸術大学にて教授を務めるほか、13年からは東京音楽大学にて特別講師を務める。