トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



児玉 桃(ピアノ)


Momo KODAMA


photo
©Marco Borggreve

大阪に生まれ、1歳でヨーロッパに渡り、幼い頃からジェルメーヌ・ムニエに師事。13歳の時、最年少最優秀でパリ国立高等音楽院に入学し、タチアナ・ニコラーエワ、アンドラーシュ・シフ、マレイ・ペライア、ヴェラ・ゴルノスタエワらに師事。16歳でピアノと室内楽のクラスを審査員全員一致のプルミエ・プリで卒業。在学中、セニガリア、エピナール両国際コンクールで優勝。1991年、ミュンヘン国際コンクールに最年少の19歳で最高位に輝く。
17歳でシャトレ座の「若手と大家」シリーズに抜擢され、ジャン=ジャック・カントロフとの共演でパリ・デビュー。以後、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ボストン交響楽団、バイエルン放送交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、NHK交響楽団など、世界のトップオーケストラと共演を重ねている。ヨーロッパ各地でリサイタルを行い、国際音楽祭からも数多く招かれている。2002年のスイス・ルツェルン音楽祭では、イェルク・ヴィトマンの新作を世界初演した。
国内では、02年トッパンホールで行った、メシアン《幼な子イエスに注ぐ20のまなざし》全曲リサイタルが朝日新聞紙上で絶賛されるなど大きな話題を集めた。06年には北ドイツ放送交響楽団の定期演奏会に出演、細川俊夫の《月夜の蓮》(世界初演)とモーツァルトの協奏曲を一夜に演奏する企画と演奏が高く評価された。08年には、水戸室内管弦楽団のヨーロッパ・ツアーにソリストとして参加したほか、メシアン生誕100年にあたり5回シリーズの「メシアン・プロジェクト」を行い高く評価された。13年には、ルツェルン音楽祭、ウィグモアホール、東京オペラシティ文化財団の共同委嘱による「細川俊夫:練習曲集」をルツェルン音楽祭にて世界初演し絶賛を博した。
CDはオクタヴィア・レコードより03年に「ドビュッシー:impressions」を発売してデビュー。05年「メシアン:幼な子イエスに注ぐ20のまなざし」を、10年には「鳥のカタログ全集」をリリースした。17年にはECMより「点と線〜ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集」をリリース。
1994年度アリオン奨励賞。97年第7回出光音楽賞受賞。99年第9回テレンス・ジャッド賞(英国)受賞。09年中島健蔵音楽賞および、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。12年佐治敬三賞受賞。
トッパンホール主催公演では、カプソンのほかクリスティアン・テツラフらとの共演でたびたび登場し、情感豊かなピアニズムで常に客席を魅了している。パリ在住。