トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



日下紗矢子(ヴァイオリン)


Sayako KUSAKA


photo
©Kiyoaki Sasahara

東京芸術大学を首席で卒業後、アメリカ・南メソディスト大学に留学、同大学院アーティストコース修了。2006年よりフライブルク音楽大学にて、ライナー・クスマウルのもと研鑽を積む。田渕洋子、浦川宜也、清水師、エドアルド・シュミーダーらに師事。
1995年イフラ・ニーマン国際ヴァイオリンコンクール第1位。2000年パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位。同年、第69回日本音楽コンクール第1位、シベリウス国際ヴァイオリンコンクール第3位。02年ロドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクール第1位。98年青山音楽賞、09年出光音楽賞ほか、受賞多数。これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、オストロボスニア室内管弦楽団など国内外のオーケストラと多数共演。
08年、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団 第1コンサートマスターに就任。09年には指揮者なしの公式アンサンブル「ベルリン・コンツェルトハウス室内管弦楽団」の設立に際し、リーダーに就任。13年には読売日本交響楽団のコンサートマスターに就任、17年4月からは特別客演コンサートマスターとして活躍している。
録音では、「Sayako Kusaka Solo Violin」を09年にリリース。13年には、日本コロムビアより「リターン・トゥ・バッハRETURN TO BACH」をリリースし、平成25年度文化庁芸術祭賞レコード部門「優秀賞」を受賞。
トッパンホールには〈ランチタイム コンサート〉に続き、10年から〈エスポワール シリーズ〉に出演、大きな成果を挙げた。さらに14年7月から、シリーズ〈日下紗矢子 ヴァイオリンの地平〉にて、意欲的なプログラミングに果敢に挑んでいる。