トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



コンスタンチン・リフシッツ(ピアノ)


Konstantin LIFSCHITZ


photo
©Matt Anker

1976年ウクライナのハリコフ生まれ。5歳で名門グネーシン特別音楽学校に入学、名教授ゼリクマンの感情豊かな指導を受けた。
13歳でリサイタルを行い、この時のライヴCDが95年のドイツ・エコー・クラシック最優秀新人賞を獲得。90年に国内外での演奏活動を開始。指揮者のスピヴァコフに認められ、モスクワ・ヴィルトゥオーゾの演奏会および91年の日本ツアーにソリストとして参加した。その後もスピヴァコフ指揮/モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団との共演、テミルカーノフ指揮/サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団とのヨーロッパ・ツアーなどに参加した。
94年、グネーシン特別音楽学校の卒業記念リサイタルで、バッハの《ゴルトベルク変奏曲》を演奏、その模様を収録したCDが96年のグラミー賞にノミネートされた。
リサイタルや世界各地の主要オーケストラとの共演を重ねる一方、クレーメル、ヴェンゲーロフ、コパチンスカヤ、マイスキーらと共演している。96年にはアルゲリッチの代役としてクレーメル、マイスキーから指名され、ショスタコーヴィチの《ピアノ三重奏曲》を熱演。ウィーン・デビューを飾るとともに、その後1ヵ月にわたるヨーロッパ・ツアーにも同行し大成功を収めた。
98年、東京で開催されたショスタコーヴィチ・フェスティバルにおいて、ロストロポーヴィチが指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。ロストロポーヴィチは翌年のシカゴ交響楽団定期演奏会にもリフシッツを招いた。近年は、ニューヨーク・フィルハーモニックやベルリン交響楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団と共演するほか、ロンドンのウィグモアホールをはじめとする世界有数のホールでのリサイタルや、リール音楽祭への出演、ラインガウ音楽祭での「バッハ・チクルス」を継続している。 日本でも、2010年《ゴルトベルク変奏曲》、12年《フーガの技法》を演奏し絶賛されるなど、幅広く活躍している。