トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



宮田 大(チェロ)


Dai MIYATA


photo

1986年生まれ。3歳よりチェロを始める。95年、第18回栃木県学生音楽コンクール弦楽器部門第1位。02年、第7回コンセール・マロニエ21弦楽器部門最優秀賞。04年、第6回全日本ビバホールチェロコンクール第1位。05年、第74回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、増沢賞、徳永賞、岩谷賞を受賞。「桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会」において、小澤征爾指揮で協奏曲を演奏。若い人のためのサイトウ・キネン室内楽勉強会、小澤征爾音楽塾、東京のオペラの森、JTアンサンブルシリーズ、プロジェクトQ、水戸室内管弦楽団、第22回〈東京の夏〉音楽祭等に出演。パリ管弦楽団、フランクフルト・シンフォニエッタ、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団等と共演。国内外でリサイタルや室内楽等に取り組み、室内楽はJupiter Quartet Japan、CHE TRIOで活動、ミケランジェロ・カルテット、ジュリアード・カルテット、ゲヴァントハウス・カルテット、バルトーク・カルテット等に指導を受ける。リン・ハレル、ギドン・クレーメル、ユーリ・バシュメットをはじめ、国内外の数多くの室内楽奏者と共演。栃木県イメージアップ貢献賞、うつのみや市民賞受賞、宇都宮エスペール賞、文化部門では初の栃木県知事特別賞受賞、第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、ドイツの方伯モリッツ・フォン・ヘッセン賞受賞。これまでに宮田豊、倉田澄子に師事。室内楽を東京クヮルテット、原田禎夫、原田幸一郎、加藤知子、今井信子、フェルメール・カルテットのリチャード・ヤングに師事。桐朋学園音楽部門特待生として、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコース首席卒業。現在、クロンベルクアカデミーでフランス・ヘルマーソンにチェロを、ジュネーヴ音楽院でタカーチ・カルテットのガボール・タカーチ=ナジに師事。09年、4年に一度開催される第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初の優勝という快挙を成し遂げる。また先ごろ、2009年度(第20回)出光音楽賞受賞が発表された。