トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



モルゴーア・クァルテット


Morgaua Quartet


photo
©Norikatsu AIDA

ショスタコーヴィチの残した15曲の弦楽四重奏曲を演奏するため1992年秋に結成し、今年結成25周年を迎える。93年6月に第1回定期演奏会を開催し、2001年の第14回定期演奏会でショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全15曲を完奏。同年4月、第2ヴァイオリンが青木高志から戸澤哲夫に交代。
01年11月からトリトン・アーツ・ネットワーク(TAN)との共催で《モルゴーア・クァルテット ショスタコーヴィチ・シリーズ》を5回にわたって行い、03年12月に2度目の完奏。そのほか、ベートーヴェンの中期、後期弦楽四重奏曲、バルトークの弦楽四重奏曲全6曲も、いずれも定期演奏会にて完奏している。
06年9月には、TANとの共催でショスタコーヴィチ生誕100周年記念弦楽四重奏曲全曲演奏会を行い、3日間で全曲を完奏。15年の大晦日から16年の元旦にかけて、ショスタコーヴィチ没後40年(2015)から生誕110年(2016)をつなぐ「ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全15曲演奏会」を開催(横浜みなとみらいホール)、4度目の完奏を果たす。17年6月には、結成25周年記念コンサートを福島と東京で開催し、好評を博した。
録音も多く、05年にマイスター・ミュージックより「ボロディン:弦楽四重奏曲集」を発売。12年、14年、17年には、日本コロムビアより、荒井英治編曲によるプログレッシヴ・ロック・アルバム《21世紀の精神正常者たち》《原子心母の危機》《トリビュートロジー》を発売、ボーダーレスな弦楽四重奏団としても高い評価を受ける。
1998年第10回村松賞受賞、2011年アリオン賞受賞、16年第14回佐川吉男音楽賞奨励賞受賞。17年8月第47回JXTG音楽賞(洋楽部門本賞)受賞。
「モルゴーア」はエスペラント語(morgaŭa=明日の)に原意を持つ。

荒井英治(第1ヴォイオリン/日本センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスター)
戸澤哲夫(第2ヴォイオリン/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター)
小野富士(ヴィオラ/NHK交響楽団ヴィオラ奏者)
藤森亮一(チェロ/NHK交響楽団チェロ奏者)