トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



長原幸太(ヴァイオリン)


Kota NAGAHARA


photo
©藤本史昭

1981年、呉市生まれ。5歳からヴァイオリンを始め、安田学園安田小学校、広島学院中学校、東京芸術大学附属音楽高等学校を経て同大学に進学。92年・93年と連続して全日本学生音楽コンクール全国大会第1位。94年、第6回ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリンコンクール(ポーランド)17歳以下の部第3位。95年、第3回五嶋みどりレクチャーコンサートで奨励賞、ニューヨークに招待され五嶋みどり氏のレッスンを受ける。96年〜99年、サイトウ・キネン若い音楽家のための勉強会でコンサートマスターや、ソリストを務める(共に小澤征爾指揮)。98年、第67回日本音楽コンクールヴァイオリン部門最年少優勝(17歳)、併せてレウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞を受賞。IMA音楽賞を受賞し、99年米国アスペンミュージックフェスティバルの奨学生として派遣される。99年秋、サイトウ・キネン・オーケストラに参加(最年少)。
これまでに広島交響楽団、東京交響楽団、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、セントラル愛知交響楽団などと共演。また、2000年1月、阪神大震災チャリティーコンサートでは岩城宏之氏とも共演。リサイタル、室内楽、NHK-FMリサイタルなど数々の演奏会にも出演。01年6月には、芸予地震被災者支援チャリティーコンサートの企画・出演(ソロ・リサイタル)、あしながチャリティーコンサート等のボランティア活動(出演)も行っている。
93年・94年、広島市長賞「広島フェニックス賞」、広島県教育長賞「メイプル賞」、98年には広島国際文化財団「広島スカラシップ’98」奨学生、2000年第10回広島ホームテレビ文化・スポーツ賞(最年少)、東京芸術大学の福島賞を受賞。2000年9月より全額スカラシップを受け米国ジュリアード音楽院に留学。現在、東京芸術大学音楽学部器楽科在学中。