トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



小川典子(ピアノ)


Noriko OGAWA


photo
©Milena Mihaylova

東京音楽大学付属高校を経て、ジュリアード音楽院に学ぶ。1983年日本国際音楽コンクール第2位入賞、87年リーズ国際コンクール第3位入賞。これを機に、ロンドンと東京を拠点として活動を始める。NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団など日本の主要オーケストラはもとより、フィルハーモニア管弦楽団、エーテボリ交響楽団、サンディエゴ交響楽団、ラハティ交響楽団、ミネソタ交響楽団、オーデンセ交響楽団などのオーケストラ、サイモン・ラトル、レナード・スラトキン、オスモ・ヴァンスカなど名だたる指揮者との共演も数多い。ヨーロッパを中心に海外の音楽祭に参加するほか、カナダ・ホーネンス国際コンクール、スコットランド国際コンクールなど、多くのコンクールで審査員をつとめる。96年からBISと専属契約を結び、これまで22タイトルをリリース。2003年、キャサリン・ストットと小川典子のために書かれたG.フェトキンの2台ピアノ協奏曲《サーキット》を、マンチェスターで世界初演。(07年、ミューザ川崎にて大友直人指揮東京交響楽団との共演によりCD録音、10年リリース予定。)デビュー20周年を迎えた08年には、サントリーホールで記念リサイタルを行う。自身の演奏活動における過去・現在・未来を見据えたそのプログラムは「光の角度によって異なる色合いを放つオパール石のような輝き」と絶賛された。世界初演にも精力的で、07年ミューザ川崎にてE.グレニー(打楽器)と菅野由弘の《アースストリーム》を、09年2月ロンドンにてM.ブランビンス指揮フィルハーモニア管弦楽団との共演により、藤倉大の《アンペール》を、同年同月にはミューザ川崎〈ベートーヴェン+(プラス)〉において、菅野由弘の《光の粒子》を世界初演。今シーズンは、英国、日本をはじめ、ノルウェー、シンガポール、ニュージーランド、香港への演奏旅行やCD録音などを展開。情熱を注ぐ「ジェイミーのコンサート」は各紙、NHKテレビで大きく紹介されている。エッセイ集「夢はピアノとともに」(時事通信出版局)好評発売中。東京音楽大学客員教授、英ギルドホール音楽院教授。ミューザ川崎シンフォニーホール・アドヴァイザー、「ジェイミーのコンサート」主宰。1999年文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞。2000年川崎市文化賞受賞。