トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



岡田博美(ピアノ)


Hiromi OKADA


photo

富山県出身。安藤仁一郎、故森安芳樹、マリア・クルチオに師事。桐朋学園大学在学中、第48回日本音楽コンクールで第1位。同大学を首席で卒業後、1982年の第28回マリア・カナルス国際コンクールで第1位、83年の第2回日本国際音楽コンクールピアノ部門第1位、84年の第2回プレトリア国際コンクール第1位と、次々に優勝を果たし注目を集める。
84年よりロンドン在住。翌85年、ロンドンでデビュー・リサイタルを行い、「まさしく来るべきスター」(デイリーテレグラフ紙)、「図抜けて確かなテクニックで、創造力に富む情熱的な音楽性」(タイムズ紙)と絶賛された。以後、ロンドンを中心に世界各地で演奏活動を続け、日本国内においても、93年のショパン・エチュード全曲演奏に対して第20回日本ショパン協会賞を受賞。
オーケストラとはこれまでフィルハーモニア管弦楽団、BBC交響楽団をはじめ、国内ではNHK交響楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団ほか多数共演。古典から現代曲までの幅広いレパートリーで聴衆を魅了している。
各地の音楽祭へもたびたび出演しており、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ・フェスティヴァル、シュタインバッハ音楽祭、〈東京の夏〉音楽祭、草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルなどに参加している。録音も多く、カメラータ・トウキョウからは継続的にCDが発売され、いずれも高い評価を得ている。
トッパンホールでは2008年シリーズ〈おとなの直球勝負〉に出演し、ウェーベルン《ピアノのための変奏曲》とバッハ《ゴルトベルク変奏曲》を好演。11年にはベートーヴェン《ディアベリ変奏曲》を軸にした、意欲的なプログラムで名演を聴かせた。