トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット)


Andreas OTTENSAMER


photo
©Anatol Kotte/Mercury Classics/DG

1989年オーストリア・ハンガリー系の音楽一家に生まれる。4歳からピアノを、ウィーン国立音楽大学にて10歳よりチェロを学ぶ。2003年よりクラリネットをヨハン・ヒントラーに師事。09年、アメリカのハーバード大学在学中、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーに入学。ベルリン・ドイツ交響楽団首席クラリネット奏者を経て、11年3月、弱冠21歳にしてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者に就任。
これまでに、クラリネットのみならず、チェロ、ピアノにおいても数々のコンクールで優勝するほか、ウィーン楽友協会、ベルリンのフィルハーモニーなど世界の名だたるホールでの公演にてソリスト、室内楽奏者として活躍。また、マレイ・ペライア、レイフ・オヴェ・アンスネス、ジャニーヌ・ヤンセン、ヨーヨー・マなど著名な奏者たちとも共演を重ねている。また05年には、ともにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者である父エルンスト、兄ダニエルとともにクラリネット・トリオ“クラリノッティ”を結成、このトリオのためにいくつかの曲も書かれている。
13年、ドイツ・グラモフォン/マーキュリー・クラシックスと、ソロ・クラリネット奏者としては史上初めて“イエロー・レーベル”の専属レコーディング契約を結ぶ。ヤニック・ネゼ=セガン指揮/ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団と共演したデビュー・アルバム「ポートレイツ」に続き、ブラームスに挑んだ2枚目のCDが発売されたばかり。
日本においては、13年5月の名古屋フィルハーモニー交響楽団との公演を含むソロ・ツアーで持てる力を如何なく発揮、聴衆にその美音を届けた。また、マスタークラスも積極的に開催。今最も輝いているクラリネット奏者の一人である。