トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



エンリコ・パーチェ(ピアノ)


Enrico PACE


photo

1967年イタリアのリミニ生まれ。ペーザロのロッシーニ音楽院と、イモラのピアノ・アカデミアにて、フランコ・スカラに学ぶ。また指揮や作曲も学んだ。87年ストレーザの国際ヤマハ・コンクールで優勝、89年、第2回国際フランツ・リスト・ピアノコンクールで優勝。これをきっかけに世界各都市で定期的にリサイタルを行う。99年、マウリツィオ・ポリーニ・プロジェクトの一環としてザルツブルク音楽祭で、2001年の夏にはラ・ロック・ダンテロンおよびフースムの音楽祭でリサイタルを行った。
ソリストとして主要なオーケストラとも共演を重ね、クライツベルク指揮/ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ノセダ指揮/BBCフィルハーモニック、マクリーシュ指揮/ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団との共演などが挙げられる。室内楽にも力を入れ、ショスターコヴィチ四重奏団、ケラー四重奏団、プロメテオ四重奏団、ホルンのマリー・ルイズ・ノイネッカーとの共演をはじめ、イザベル・ファン・クーレン主宰のデルフト室内楽音楽祭や、レイフ・オヴェ・アンスネス主宰のリゾール室内楽音楽祭など、ヨーロッパ各地の音楽祭に参加している。
ツィンマーマンとはバッハのヴァイオリン・ソナタ全曲を録音。13年にはレオニダス・カヴァコスとベートーヴェンのソナタ全曲、ヤルヴィやツィンマーマンと共にヒンデミット作品を録音。
トッパンホールには、12年、カヴァコスとのデュオで初登場。緻密に練り上げたピアニズムを聴かせ、高く評価された。