トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ミクローシュ・ペレーニ(チェロ)


Miklós PERÉNYI


photo

1948年ブダペストに生まれ。音楽一家で幼少からその才能を育み、5歳でダーヴィト・ポッパーの弟子ミクローシュ・ジャムボキに師事、チェロを学びはじめる。7歳でリスト音楽院に入学、エデ・バンダに師事し、9歳で初のコンサートを行う。60年から64年にかけてローマ・聖チェチーリア音楽院に進み、エンリーコ・マイナルディのもとで研鑽を積む。
63年、ブダペストで開催されたパブロ・カザルス国際チェロコンクール入賞後、カザルス自身の招きにより、プエルト・リコをはじめとする各地のマスタークラス(1965、66年)、また夏のマールボロ音楽祭へ度々参加し、巨匠の薫陶を受ける。以来、世界の主要な音楽都市・会場でコンサートを行っている。またエディンバラ、ルツェルン、プラハ、ザルツブルク、ウィーン、ワルシャワ、ベルリン等の音楽祭、クロンベルクやプラド(・パブロ・カザルス)等の国際チェロフェスティヴァルへも多数客演している。74年よりリスト音楽院で教鞭を執り、80年より教授職(現職)に就任。
17世紀から現代にいたるまでの広範なレパートリーを極め、ソロ、デュオ、室内楽コンサート出演の他、大学での講義、またチェロ独奏を伴う大小様々の器楽アンサンブルの組織・楽曲上演にも注力している。なかでも信頼を置くピアニスト、アンドラーシュ・シフとの共演(シューベルティアーデ音楽祭、ルール音楽祭、ロンドン・ウィグモアホール等における名演)、ケラー弦楽四重奏団との定期的なコラボレーションの成功が話題を呼んでいる。
Hungaroton、EMI-Quint、Sony Classic、Teldec、Decca、col legno、Erato等のレーベルに多数の録音があり、いずれも高い評価を得ている。1998、99年にかけてフランツ・リスト、ジェルジ・リゲティ、フェレンツ・ファルカシュ、シャーンドル・ヴェレシュ、エルネー・ドホナーニ、レオー・ヴェイネル、アンドラーシュ・ミハーイの楽曲をハンガリーのピアニスト、デーネシュ・ヴァーリョンと録音し(《ハンガリーのチェロ音楽》)、その後コダーイの《チェロのための楽曲全集》録音を完成。2004年秋にECM Recordsよりリリースされた最新CDには、ベートーヴェンのソナタ全曲が収録され(ピアノ=アンドラーシュ・シフ)、同CDは05年カンヌ・クラシック・アワードを受賞している。
わが国では1978年に初来日を果たして以来度々招かれ、これまでソロ・リサイタルをはじめNHK交響楽団、東京都交響楽団等と共演している。“コシュート賞”(1980)、“バルトーク=パストリ賞”(1987)をそれぞれ受賞している。