トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ギヨーム・サンタナ(ファゴット)


Guilhaume SANTANA


photo

1982年フランスのトゥールーズに生まれ、地元の音楽院でヴァイオリンとファゴットを習い始める。パリとデュッセルドルフで学んだ後、ハノーファーでダーク・イェンセンに師事。現在はベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーで学んでいる。フランスで開かれたヨーロッパ青少年コンクールで第1位。2005年、ベルリンで開かれたベルリンのフェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ・コンクールで第1位を受賞した。グスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラで演奏した後、C.アバドに招かれ、新設のモーツァルト管とルツェルン祝祭管の主席ファゴット奏者となる。また、現在マーラー・チェンバー・オーケストラの首席ファゴット奏者であり、ヨーロッパの多くのオーケストラでも演奏している。
室内楽にも力を入れ、ピアノのエマニュエル・アックス、ティル・フェルナー、アレクサンダー・ロンクィヒや、ザビーネ・マイヤー管楽アンサンブル、アルブレヒト・マイヤー、アンドラーシュ・アドリアンなど著名な管楽器奏者たちと共演している。06年にはソリストとしてシンフォニア・ヴァルソヴィアやアバド指揮のモーツァルト管と共演した。