トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



澤畑恵美(ソプラノ)


Emi SAWAHATA


photo

国立音楽大学卒業。同大学大学院修了。文化庁オペラ研修所修了。 90年より1年間文化庁派遣芸術家在外研修員としてミラノへ留学し、歌唱をマリア・ミネット、発声をラウラ・ロンディの諸氏に師事。 第58回日本音楽コンクール声楽部門第1位。福沢賞、木下賞、松下賞を受賞。第21回ジロー・オペラ賞受賞。 早くからその才能が評価され、オペラ研修所修了後直ちに二期会オペラ公演『フィガロの結婚』のスザンナに抜擢されデビュー。高度な音楽性と華のある舞台姿は鮮烈な印象を与え、“大型新人の誕生”と注目を浴びる。以後も着実に舞台を重ね、『コシ・ファン・トゥッテ』のフィオルディリージ、デスピーナ、『フィデリオ』のマルツェリーネ、『カルメン』のミカエラ、『ナクソス島のアリアドネ』のツェルビネッタ、『こうもり』のアデーレほか数多くの公演に出演、いずれも絶賛を博す。2002年11月二期会創立50周年記念公演『椿姫』ヴィオレッタでは、情感溢れる演唱で新境地を拓く。コンサートでも「レクイエム」「第九」「ミサ・ソレムニス」、マーラー交響曲第4番、同第8番「千人の交響曲」等のソリストとして、E.インバル、G.アルブレヒトら著名指揮者や主要オーケストラとの共演。確かなテクニックに裏付けられた気品ある歌唱で常に聴衆を魅了する、今もっとも活躍するソプラノのひとりである。二期会会員。