トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



インゲル・ゼーデルグレン(ピアノ)


Inger SÖDERGREN


photo

スウェーデン生まれ。ストックホルム王立音楽院から奨学金を得て、ナディア・ブーランジェとイヴォンヌ・ルフェブールのもとで研鑽を積む。その後、国際舞台へと活躍の場を広げ、桁外れの天分と個性がきわだつ演奏家としての地位を確立している。
ベートーヴェン、シューマン、ブラームスなどの作品解釈に鋭い直感力と深い洞察力を持つ。録音は、カリオペ・レーベルからベートーヴェンのソナタ《ワルトシュタイン》《告別》、モーツァルトのソナタ集をリリース。フランスのディアパゾン・ドールやシャルル・クロ賞を獲得するなど高く評価されている。
パリではシャンゼリゼ劇場のピアノシリーズ“エトワール”やサル・ガヴォーの“グラン・コンセール”シリーズほか各地の一流コンサートホールやシリーズで演奏している。シャトレ座の音楽祭、ラ・ロック・ダンテロン、フランス放送やモンペリエでの音楽祭、アムステルダムのコンセルトヘボウでのリサイタル、リスボン、東京など世界の舞台で活躍している。
1994年よりナタリー・シュトゥッツマンのパートナーであり、シュトゥッツマンとの共演でシューマンの歌曲集(RCAレッドシール)をリリース。このCDは日本のレコードアカデミー賞を受賞している。ブラームス、ショーソン、プーランクも録音。さらにシュトゥッツマンとはシューベルトの三大歌曲集をカリオペ・レーベルで録音している。
トッパンホールには、シュトゥッツマンとともに、2013年と14年に〈歌曲の森〉に出演している。