トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



アンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ)


Andreas STAIER


photo

ドイツのゲッティンゲン生まれ。ハノーファーとアムステルダムでピアノとチェンバロを学び、1983年から86年までムジカ・アンティクヮ・ケルンのチェンバロ奏者として活躍した。その後ソロ活動に専念、フォルテピアノとチェンバロのスペシャリストとして国際的に活躍している。80年代初頭のデビュー当時は、チェンバロとフォルテピアノを弾くにもかかわらず、「バックハウスやケンプ以来の、ドイツ音楽を代弁するピアニスト」と賞され、彼の大いなる才能が注目された。その後も真摯に自らの芸術を極め、今や「巨匠」への道を着実に歩む数少ない実力者として広く認められるところとなった。ソロ活動に加えて、リート伴奏、室内楽奏者としても、クリストフ・プレガルディエン、アンナー・ビルスマ、ペドロ・メメルスドルフ、ジャン=ギアン・ケラス、ライナー・クスマウルらと定期的に共演している。また、ラ・ロック・ダンテロン、サント、モントルー、グラーツなど多くの音楽祭への参加など、幅広い活動を続けている。
CDは複数のレーベルより多数リリース。絶賛された「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲」ほか、最近ではハルモニア・ムンディにて古楽からロマン派の作品まで幅広く精力的に録音活動を行っており、ディアパゾン・ドール(フランス)、グラモフォン賞(イギリス)、レコード・アカデミー賞(日本)など各国のレコード賞を受賞。
トッパンホールには、2004年にクスマウルとの共演で初登場、06年から、〈アンドレアス・シュタイアー プロジェクト〉がスタートし、いずれの公演でも斬新な解釈と演奏が絶賛されている。