トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



キャサリン・ストット(ピアノ)


Kathryn STOTT


photo

イギリス、ランカシャー生まれ、在住。
現在イギリスで最も多才で尊敬されているピアニストの一人。ユーディ・メニューイン音楽学校でヴラド・ペルルミュテールとナディア・ブーランジェに、その後ロンドン王立音楽院ではケンダル・テイラーに師事。1978年のリーズ国際ピアノ・コンクールに入賞し国際的に関心を集めることとなった。
これまでにサイモン・ラトル、チャールズ・グローヴズ、オッコ・カム等の指揮者や世界各国のオーケストラと共演。最近ではオルフェウス室内管弦楽団と日本ツアーを行った。また、85年以来ヨーヨー・マとのデュオのパートナーとして数多く共演し、来日公演も行っている。他に、マイケル・コリンズ、イザベル・ファン・クーレン、ジャニーヌ・ヤンセン、小川典子らとの室内楽も定期的に行っている。
多くの音楽祭では、演奏活動に加え芸術監督としても指導的役割を果たし、1995年の《フォーレ、そしてフレンチ・コネクション》ではその業績が認められ、フランス政府より芸術文芸シュヴァリエ勲章を授与された。
現代音楽への関心も高く、ジョージ・ロイドやマイケル・ナイマン、マックスウェル=デイヴィス、グラハム・フィトキンらの作品を多く世界初演している。
録音はフォーレのソロ・ピアノ全作品集やショパン、リスト、ドビュッシー、ラヴェル等のリサイタル盤の他現代の協奏曲作品が多数ある。ヨーヨー・マとの「ソウル・オヴ・タンゴ」グラミー賞を受賞した。現在、英国王立音楽大学、チェッタム音楽学校で教鞭をとる。