トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



須川展也(サックス)


Nobuya SUGAWA


photo

東京芸術大学卒業。サクソフォンを大室勇一に師事。第51回日本音楽コンクール管楽器部門1位なしの2位、第1回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門において第1位を得てデビュー。1994年、村松賞、出光音楽賞受賞。98年JT音楽家シリーズのテレビCMに出演し、圧倒的な人気を得た。日本での年間コンサート数は約100公演。海外では、文化庁派遣によるトルコ公演やパリ音楽院、アメリカの音楽大学でマスタークラスを行なっており、99年秋にはチェコのオーケストラから招かれ共演した。
これまでに25枚を超えるCDをリリース。フィルハーモニア管弦楽団と共演した「サクソフォン協奏曲集」(東芝EMI)が96年度文化庁芸術作品賞を、トルヴェール・クヮルテットの「マルセル・ミュールに捧ぐ」(東芝EMI)が2001年度の同庁芸術祭レコード部門大賞を受賞した。2003年1月に発売された3枚組CD「エキシビション・オブ・サクソフォン」は各誌から絶賛を浴びている。98年、BBCフィルハーモニックと吉松隆作曲の「サイバーバード協奏曲」(英シャンドス)を再録し、世界に紹介されている。
2000年5月には、ジャズ・ベースの神様ロン・カーターとの共演で、また02年7月にはジャズ・ギターのマーティン・テイラーとのCDリリースとコンサート・ツアーを成功させた。一方、01年2月にはNHK交響楽団の定期公演で、シャルル・デュトワの指揮による西村朗作曲のサクソフォン協奏曲を演奏し、高く評価された。02年に飯森範親指揮でドイツ・ヴュルテンベルクフィルと共演し、現地紙でも大きく取り上げられた。日本のほとんどのオーケストラと共演を果たすほか、イーストマン・ウインド・アンサンブル、パリギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団と共演し、国際的な評価を得ている。ラジオ、テレビへの出演も多く、02年4月からのNHK連続テレビ小説『さくら』のテーマ音楽を演奏。03年にはウィーン・ムジークフェラインにてリサイタルを大成功のうちに終了。また同月スイスのアールガウ交響楽団との共演も行った。
現在、東京芸術大学講師。東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスター。サクソフォン四重奏団《トルヴェール・クヮルテット》のメンバー。04年、デビュー20周年を記念し、自身がコンサートマスターを務める東京佼成ウインドオーケストラと共演、満席のサントリーホールを沸かせた。クラシック・サクソフォンの可能性を追及して自由なスタンスで活動する、日本を代表する管楽器奏者のひとりである。