トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



竹沢絵里子(ピアノ)


Eriko TAKEZAWA


photo

広島生まれ。5歳からピアノを始め、1984年に渡独。カールスルーエ国立音楽大学入学。種田直之、ヴォルフガング・マンツに師事。90年イタリア・セニガリア国際音楽コンクールでディプロマ賞、94年イタリア・オストゥーニ国際ピアノ・コンクール1位を受賞。95年ドイツ国家演奏家資格試験に最優秀の成績を収める。各地のマスタークラスに参加し、ベートーベンの権威ユルゲン・ウーデ、バッハ研究で名高いピヒト・アクセンフェルト、エルザ・コロディン、ディノラ・ヴァルスィ、園田高弘、デトレフ・クラウス、セルゲイ・ドレンスキーらに師事。クリストフ・ジシュカとピアノ・デュオを結成。97年イタリア・ローマ国際音楽コンクール連弾部門で1位、98年イタリア・コルテミリア国際ピアノ・コンクール連弾部門で1位、99年チェコ・シューベルト国際音楽コンクールで3位受賞。2000年、日本国際ピアノ・デュオ・コンクール2位受賞。以降、ドイツをはじめとして、日本、韓国、台湾、インドネシア、スイス、オーストリア、イタリア、フランス、スペイン、ブルガリア、スロバキア、チェコ、ハンガリー、イスラエル、エジプトで、ピアノ・デュオ、ソロ、室内楽の演奏活動をしている。室内楽のパートナーとして、トランペット奏者ラインホルト・フリードリッヒ、オーボエ奏者インゴ・ゴリツキ、トーマス・インデアミューレ、ファゴット奏者セルジオ・アッツォリーニなど挙げられる。94年から、ドイツ国立カールスルーエ音楽大学のコレぺティトール(伴奏講師)に就任。コレぺティトール活動が多方面から高く評価され、02年からスイス・バーゼル音楽アカデミーに招聘される。04年には、ドイツ国立フランクフルト音楽大学に、またこの年、スペインの音楽大学ムジケーネに招聘される。多数の国際音楽祭にも招待され、09年には、ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン・フェスティヴァルと、スイスのルツェルン音楽祭に参加。毎年、公式伴奏者として、数々の国際コンクールや、マスタークラスの伴奏に携わっている。リリースしたCD(ピアノデュオ、アンサンブル)は、これまでに8枚、ラジオ、テレビ等への出演多数。