トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



豊嶋泰嗣(ヴァイオリン)


Yasushi TOYOSHIMA


photo
©小岩井普志

桐朋学園大学卒業と同時に、弱冠22歳で新日本フィルのコンサートマスターに就任。88年にサントリーホールでデビュー・リサイタル行なう。その後、国内外のオーケストラとの共演。一方では「ハレー・ストリング・クァルテット」を結成、カザルスホールのレジデントクァルテットとして活動した。また、数多くの室内楽プロジェクトの中心的存在でありサントリーホールのフェスティバルソロイスツのコ・ディレクター等務め、スターン、ヨーヨー・マ、ロストロポーヴィチ、世界的アーティストとの共演を重ねている。2000年3月には紀尾井ホールでリサイタル、10月から2001年10月にかけてはピアノの園田高弘氏とともに「ベートヴェン ソナタリサイタル」3回シリーズを好演。2003年、「豊嶋泰嗣協奏曲の夕べ」では新日本フィルと共演でシュポア、ヴュータン、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲を一夜にして行った。2004年3月には指揮者としてもデビュー。益々意欲的に活動を展開している。現在、九州交響楽団と新日本フィルのコンサートマスターを兼任。2005年より兵庫県芸術文化センター付属交響楽団コンサートマスターに就任する。
CDはポニーキャニオンからソロを3枚リリース、室内楽のCDは海外レーベルも含め多数発売されており好評を得ている。
91年村松賞、第1回出光音楽賞、92年芸術選奨文部大臣新人賞受賞。桐朋学園大学大学院講師。
1719年製アントニオ・ストラディヴァリウスを使用。