トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



シュテファン・ヴラダー(ピアノ)


Stefan VLADAR


photo

1965年ウィーン生まれ。6歳からピアノのレッスンを始め、ウィーン音楽大学にて学んだ。18歳でウィーンのムジークフェラインへデビュー。85年、ベートーヴェン国際ピアノコンクールで最年少及びオーストリア人として初の優勝を飾り、以来、アムステルダム、ベルリン、ブリュッセル、香港、ロンドン、ミラノ、メキシコ・シティー、ミュンヘン、ニューヨーク、ウィーン、東京など世界各地で公演している。ソリストとしてアバド、ドホナーニ、フェドセーエフ、フリューベック・デ・ブルゴス、ハーガー、ホグウッド、マリナー、プラッソン、ヴェーグ、シュタイン、ハーディングなどの指揮者のもとでウィーン・フィル、ウィーン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、NHK交響楽団などと共演している。
マールボロ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、ウィーン・モーツァルト週間、ラヴィニア音楽祭、ラインガウ音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン祭などの音楽祭にレギュラー出演している。91年には東京で開催された「ザルツブルク・モーツァルト週間」に参加し、ハーガー指揮ウィーン・フィルと共演したのに引き続き、ウィーンでもドホナーニの指揮でウィーン・フィルと共演し、高い評価を得た。
最近は指揮者としての活動も拡大し、ウィーン交響楽団、リンツ・ブルックナー管弦楽団等の定期公演に出演したほか、クラーゲンフルト歌劇場でモーツァルト「皇帝ティトゥスの慈悲」を指揮した。
90年にソニークラシカルと専属契約を結び、ソロや室内楽の他、協奏曲も多数レコーディングしている。その他、カメラータ、ナクソス、コッホなどのレーベルからもCDをリリースしている。89年からウィーン郊外のノイベルクで音楽祭を主宰し、音楽監督としてソロ、室内楽、指揮、教育の多岐にわたり活動を展開。99年からはザルツカンマグート地方全域で開かれる音楽祭へと規模を拡大している。99年からウィーン音楽大学教授を務めている。