トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



若林 顕(ピアノ)


Akira WAKABAYASHI


photo

東京芸術大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウムおよびベルリン芸術大学院卒業。田村宏、ハンス・ライグラフの各氏に師事。1982年第51回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。留学中の85年、第37回ブゾーニ国際ピアノコンクール第2位入賞。87年には、22歳でエリーザベト王妃国際コンクール第2位受賞の壮挙を果たし、一躍脚光を浴びる。世界各地でのリサイタルの他、NHK交響楽団を始めとする国内主要オーケストラ、スコティッシュ・チェンバー・オーケストラ、パドゥルー管弦楽団、リンブルク交響楽団、エーテボリ交響楽団、ノールショッピング交響楽団、ロシアナショナル管弦楽団、等とも共演を重ね、音楽への真摯なその姿勢は、指揮者、オーケストラからの信頼も厚い。2002年10月、カーネギーホール(ワイル・リサイタル・ホール)にリサイタル・デビューを果たし、好評を博す。同年2月にはトロントにてMusic Toronto Chamber Music Seriesに出演、03年4月にはシカゴのマイラヘス=リサイタル・シリーズにて大成功を収め、04年6月にも同シリーズに再び招かれた。同年1月にはフランスのナント音楽祭に出演、05年5月にはマンチェスターの「ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック」にてマスタークラスを行う。ブラッハー、堀米ゆず子、イッサーリス、堤剛、山崎伸子、ライスター、ルルー、バボラク、ライプツィヒ弦楽四重奏団、ウィーン八重奏団との共演等、室内楽にも積極的に取り組む。07年秋には「ヴィルトゥオーゾ・プログラムによる3連続演奏会」と題したリサイタル・シリーズを東京で開催、数多くの高い評価を得た。近年、ピアノ協奏曲の弾き振りを中心とした指揮活動を開始。レコーディングにも積極的で、08年からは、オクタヴィア・レコードとラフマニノフのソロ曲全集等をレコーディング予定。92年出光音楽賞、98年モービル音楽賞奨励賞、04年ホテルオークラ賞受賞。現在、桐朋学園大学特任教授、同大学院大学教授として後進の指導にも力を注ぐ。