トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



ピーター・ウィスペルウェイ(チェロ)


Pieter WISPELWEY


photo
©Carolien Sikkenk

いちはやく古楽器と現代楽器の垣根を越えた演奏家であり、今なお最先端の演奏家として、同世代の旗手であり続けている。J.S.バッハから、彼自身のために書かれた現代作品に至る広範なレパートリーは、様式美に寄せる深い洞察、独創的な解釈、驚異的な技巧の結晶であり、批評家と聴衆を隔てることなく聴く者すべての心を捉えている。
オランダのハールレム生まれ。アムステルダム時代の恩師であるディッキー・ブッケとアンナー・ビルスマの指導を通じて、また、米国と英国でそれぞれ師事したポール・カッツとウィリアム・プリースの薫陶により、音楽家としての素養を磨いた。1992年には、優れた若手オランダ人音楽家に贈られるオランダ音楽賞を、チェリストとして初めて受賞している。
ソリストとして、ボストン交響楽団、シドニー交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、BBC交響楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ブダペスト祝祭管弦楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団など世界の主要なオーケストラと共演。また、フィッシャー、サロネン、ブロムシュテット、ナガノ、シナイスキー、ユロフスキ、ノリントンといった著名指揮者とも共演している。
現代のチェロ界において最もカリスマ性のあるリサイタリストのひとりとの呼び声も高く、ロンドン、パリ、アムステルダム、ベルリン、ミラノ、シドニー、ニューヨークなどで定期的にリサイタルを開催している。
20枚を超えるCD録音は、チャンネル・クラシックス、オニックスなどからリリースされており、複数の重要な国際的な賞を受賞。2012年には、50歳を記念して、3回目となるバッハの無伴奏チェロ組曲全曲録音を行い、イーヴル・ペンギン・クラシックス・レーベルからリリースした。最近のリリースには、C.P.E.バッハの協奏曲、ラロの協奏曲、サン=サーンスの協奏曲第2番、ブリテンのチェロ交響曲、ウォルトンの協奏曲、プロコフィエフの交響的協奏曲などがある。また、シューベルトとブラームスによるデュオ作品の全曲録音プロジェクトにも取り組んでいる。
使用楽器は、ジョヴァンニ・バティスタ・グァダニーニによる1760年製のチェロと、ロンバウツによる1710年製のバロック・チェロ。
トッパンホールには、08年の初登場以来たびたび出演し、意欲的なプログラムで毎回観客を魅了している。