トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



セルゲ・ツィンマーマン(ヴァイオリン)


Serge ZIMMERMANN


photo
©franzhamm.de

1991年にドイツ・ケルンの音楽家一家に生まれ、5歳より母親からヴァイオリンの手ほどきを受ける。2000年にはわずか9歳でモーツァルトのヴァイオリン協奏曲でオーケストラとの初共演を果たした。
これまでにバンベルク交響楽団、バルセロナ交響楽団、プラハ交響楽団、ミュンヘン交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、スペイン国立管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団など世界の著名なオーケストラと共演。06年にブルッフとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を披露した際、ドイツでは「完全なる奇跡」「これから世界で最も頻繁に演奏するヴァイオリニストとなるだろう」などと絶賛された。
05年初リサイタルを開催。07年には、キッシンゲンの夏音楽祭やメクレンブルク=フォアポンメルン音楽祭に出演したほか、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団と共演。08年ミュンヘン室内管弦楽団と共演し大成功を収め、アンドラーシュ・シフの創設したイッティンガー聖霊降臨祭音楽祭にも出演。10年のキッシンゲンの夏音楽祭では、レオニダス・カヴァコスの代役として、ヘルベルト・ブロムシュテット指揮/バンベルク交響楽団とメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を披露した。またマンフレート・ホーネックが音楽監督を務めるピッツバーグ交響楽団との共演でアメリカデビューを果たした。
室内楽奏者としても活発に活動、ピアニストのエンリコ・パーチェとは、ハイデルベルクの春音楽祭やシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭などでリサイタルを行っている。
11年にはネーメ・ヤルヴィ指揮/NHK交響楽団との共演で日本デビュー。今回が、日本でのリサイタルデビューとなる。