トップページ > コンサートカレンダー > アーティストプロフィール



グザヴィエ・ドゥ・メストレ(ハープ)


Xavier de MAISTRE


photo

9才のときに地元トゥーロンの音楽学校でハープを学び始める。その後、パリにおいてジャクリーヌ・ボロー、カトリーヌ・ミシェルの各氏に師事すると同時に、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで政治と経済を学ぶ。16才、パリで行われた国際コンクールで優勝。その後も、カーディフ、ミュンヘン、ウィーン、エルサレム等、主要な国際コンクールの数々で受賞。1998年、最も権威のあるハープ・コンテスト USA国際ハープ・コンクール(ブルーミントン)において、第1位と併せ2つの賞を受賞。22才で、マゼール率いるバイエルン放送交響楽団のソロ・ハーピストに、3年後には、熱望していたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・ハーピストに就任した。ソリストとしての活動も活発で、ザルツブルグ・モーツァルテウム管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、ルクセンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ放送交響楽団、バイエルン放送交響楽団、スペイン国立管弦楽団、NHK交響楽団等数多くの一流オーケストラと共演。02年5月にはアンドレ・プレヴィン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とヒナステーラ《ハープ協奏曲》Op.25を、05年7月にはキンボウ・イシイ・エトウ指揮/NHK交響楽団とボアエルデュー《ハープ協奏曲》ハ長調を演奏した。メストレは確立されたハープのレパートリーを広げること、特にあまり知られていない作曲家たちの作品録音に力を入れており、Denisov、Bauer、Huyssen、Wenglerらの世界初演を行っている。ハンブルク音楽大学教授。CDがハルモニア・ムンディ、オブリガット、クラヴェスからリリースされている。