TOPPAN HALL

20th Anniversaryトッパンホール20周年に寄せて

Back

マーティン・ヘルムヘンの写真
©Giorgia Bertazzi

マーティン・ヘルムヘン Martin Helmchen

私が考える音楽の価値と美を、その歩みとプログラミングによって具現しているホール、それがトッパンホールです。トッパンホールで生まれた、私の音楽人生を彩るたくさんの特別な瞬間を振り返り、光栄に感じています。ソロで弾き、室内楽を奏で、歌曲の伴奏をした記憶が、どれも等しく鮮明に私の胸によみがえるのは、なんとも象徴的です。トッパンホールは、演奏家に枠をはめることはしませんし、演奏家のイメージや演奏家の「見せ方」への無意味なこだわりとも無縁です――もっぱら音楽が重視され、他のすべてが音楽に仕えるのです。そして聴衆がそのことをきちんと理解し、評価してくださいます。
とりわけ美しい思い出は、クリスティアン・テツラフたちと共演した2016年の室内楽フェスティバルです。友人たち、家族、そしてトッパンホールのスタッフの皆さんと音楽への愛を分かち合い、素晴らしい結束が生まれました。娘のクララ(当時2歳)が西巻プロデューサーの膝の上でお寿司を食べている、終演後の愉快な写真に、あのときの思い出が刻まれています。
トッパンホールの唯一無二のスピリットよ、永遠なれ!

If there is one hall that reflects in its profile and programming what I find valuable and beautiful in music, it’s Toppan Hall. I feel privileged to look back at many special moments of my musical life which happened there. Something symbolic is that I have equally intense memories from playing solo, chamber music and accompanying Lied. There are no ‘pigeon-holes’, no distracting focus on artist image and presentation - it is all about the music, everything else serves that. And the audience knows and appreciates exactly that. A particularly beautiful memory is the festival week with Christian Tetzlaff of 2016, where the shared love of music with friends, family and the Toppan Hall team alike formed a wonderful unity. Funny pictures with our daughter Clara (two years at the time) eating Sushi while sitting on Nishimaki-san’s lap after a concert document that. May the particular Toppan Hall spirit live on!

2008/3/23〈エスポワール スペシャル 6〉の写真
2008/3/23
〈エスポワール スペシャル 6〉
2016/5/21トッパンホール15周年 室内楽フェスティバルV
2016/5/21
トッパンホール15周年 室内楽フェスティバルV
Concert photos ©大窪道治

Page top

ページトップへ