TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

アーティストプロフィールArtist Profile

デニス・コジュヒンDenis KOZHUKHIN

 

2010年エリザベート王妃国際コンクールに23歳で優勝。これまでに、ナタリア・フィッシュ、ドミトリー・バシキーロフ、クラウディオ・マルティネズ・メーナー、キリル・ゲルシュタインらに師事し、最近では、ダニエル・バレンボイムからも教えを受けている。
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロンドン交響楽団、シカゴ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、マーラー室内管弦楽団、フランクフルト放送交響楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、フランス国立管弦楽団、マリインスキー管弦楽団、サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・ストックホルムフィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団など世界の主要なオーケストラと、サー・サイモン・ラトル、ヴァレリー・ゲルギエフ、ヴラディーミル・ユロフスキー、ジャナンドレア・ノセダ、パーヴォ・ヤルヴィ、ウラディミール・アシュケナージ、ヤコブ・フルシャ、ワシリー・ペトレンコ、ユーリ・テルミカーノフらの指揮のもと、数多く共演している。18年にはBBCプロムスにデビューし、ショスタコーヴィチの《ピアノ協奏曲第2番》をオーロラ管弦楽団と共に演奏した。
2019/20シーズンには、コルネリウス・マイスター指揮/フランス国立管弦楽団、ワシリー・ペトレンコ指揮/ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。さらに、ブーレーズ・ザールでのソロ・リサイタル、サウスバンク・センターでの国際ピアノシリーズ、エクサンプロヴァンス音楽祭、リール・ピアノ音楽祭、シカゴ・シンフォニー・ホール等に出演するほか、ジャニーヌ・ヤンセンと共に、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ウィグモア・ホール等でデュオ・リサイタルを行う。
エネスク国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、トランス・シベリア芸術祭、エルサレム国際室内楽音楽祭など、様々な音楽祭へもゲスト・アーティストとして参加が予定されている。
トッパンホールにはこれが初登場。

デニス・コジュヒン
©Marco Borggreve

Page top

ページトップへ