TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

アーティストプロフィールArtist Profile

村田千佳Chika MURATA

 

東京芸術大学附属高校、同大学、同大学院修了後、文化庁奨学金を得てウィーン国立音楽大学大学院ピアノ科及びピアノ室内楽科「ハイドン研究所」修了。これまでに、小林仁、迫昭嘉、マーティン・ヒューズ、アヴォ・クユムジャン、岡山潔、松原勝也、ヨハネス・マイスルらに師事。オーストリア トーマスティック・インフェルド賞受賞、国際シューベルト・現代曲コンクール入選、国際ハイドン室内楽コンクール審査員特別賞受賞、日本をはじめオーストリア、ドイツ、イタリア、スイス、セルビアにて公演。大桑文化奨励賞、和歌山市文化奨励賞、和歌山県文化奨励賞受賞。
ソリストとしてのみならず、室内楽奏者としての豊富なキャリアを築いており、ライナー・ホーネック、カール=ハインツ・シュッツ、ダニエル・オッテンザマー、四戸世紀、岡山潔、久保田巧、神戸市室内合奏団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、アポロン・ミューザゲート弦楽四重奏団等、国内外の音楽家から厚い信頼を得ている。2012年より自主企画「音+ピアノ・アンサンブルシリーズ」をトッパンホールにて開催。世界の第一線で活躍するアーティストとのアンサンブルをユニークな構成で組み立て、多くの反響を呼んだ。続く16年からシリーズ「室内楽の醍醐味」を開始している。
ピアニストとして活動する一方で、ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)制作ディレクター、銀座ハプスブルク・ファイルヒェン音楽監督、日本・ベトナム文化交流協会芸術監督も務める。ベトナムでは17年より3年にわたって全土での学校訪問演奏プロジェクトを行った。19年ハノイ国際室内楽コンクール審査員。

村田千佳
©T.Tairadate

Page top

ページトップへ