TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

アーティストプロフィールArtist Profile

大崎結真Yuma OSAKI

 

2000年、東京芸術大学附属高校卒業後、イモラ音楽院、パリ国立高等音楽院大学院で学び、07年、文化庁新進芸術家海外研修員としてパリ・エコール・ノルマル音楽院コンサーティスト課程にて研鑽を積む。これまでに藤原亜津子、大畑知子、金子勝子、播本枝未子、中村紘子、フランコ・スカラ、ジャック・ルヴィエ、マリアン・リビツキーらに師事。
1997年浜松国際ピアノコンクール、98年ロン=ティボー国際音楽コンクール、2001年A.ルービンシュタイン国際ピアノコンクールではいずれも最年少入賞を果たす。更に02年ジュネーヴ国際音楽コンクール第3位、03年リーズ国際ピアノコンクール第3位、05年ショパン国際ピアノコンクールファイナリスト賞等、主要国際ピアノコンクールで入賞を重ねる。10年度、日本ショパン協会賞を受賞。
6歳でN響団友オーケストラと共演。以降、東京交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、仙台フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、ポーランド国立放送交響楽団と共演。
近年では、ジュネーヴ、ドイツ、英国各地でリサイタルを行う他、国内では彩の国さいたま芸術劇場「ピアノ・エトワール・シリーズ」、白寿ホール「藤倉大作品展」、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン等に出演。東京芸術大学奏楽堂「七感で楽しむシアター」では、藤倉大(作曲)、大前光市(ダンス)によるダンス音楽《Sounding Seven Senses》世界初演に参加。
これまでにリリースした3枚のCDは、新聞や音楽専門誌等で高い評価を得る。また、15年に開催されたジュネーヴ国際音楽コンクール入賞者による音楽祭“Laureates Festival”での演奏が、Claves Records(スイス)よりライブ録音としてリリースされている。音楽誌への執筆、NHK「名曲アルバム」、「クラシック倶楽部」、「ベストオブクラシック」等テレビやラジオへの出演、ピアノコンクールの審査員を務めるなど、活動の場を広げている。

大崎結真

Page top

ページトップへ