TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

トッパンホール略歴PROFILE

  • PROFILEトッパンホール略歴

    トッパンホールは、凸版印刷株式会社の創業100周年事業として社会文化貢献活動の一翼を担う目的で建設され、2000年10月1日に開館しました。音楽ホール運営にクラシックを選んだ理由のひとつには、西洋という一地域で生まれた音楽文化が世界的に普及・発展した背景に、楽譜の存在と印刷技術が大きく関わっていることがあります。世界的にも稀有な“響きすぎない”クリアな音響を特徴とし、408席の客席空間は、室内楽に最適な音響と木のぬくもりに満ちた親密感を有しています。

  • 年間30数本を数える主催事業では、徹底して質の高さにこだわり、室内楽の豊かさと可能性を追究。欧米の第一線に伍する内容は、国内外の多くのアーティスト、聴衆から評価される独自性で、その企画力と実現力には高い信頼が寄せられています。開館初期から、ハーゲン・クァルテット、ライナー・クスマウル(ヴァイオリン)、ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン)、アンドレアス・シュタイアー(フォルテピアノ)、ティル・フェルナー(ピアノ)等のアーティストとオリジナル・プロジェクトを展開するほか、海外の有望な若手の日本初リサイタル、邦人若手の発掘・育成にも積極的、継続的に取り組み、着実な成果を重ねています。

  • ほかにも、マスタークラスやイベント等を通じたクラシックファン層の拡大、地域貢献などその取り組みは広く、独創性に富む運営はトッパンのメセナ活動としても注目を集め続けています。
    2016年には、主催公演を中心とするホールの運営が評価され『第47回サントリー音楽賞』を受賞。権威ある音楽賞が史上初めてコンサートホールに授与したことは、驚きとともに関係者間で大きな反響を呼びました。

PHOTO GALLERY静謐なる空間

Page top

ページトップへ