TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

TOPPAN HALLTOPPAN HALL

MENUCLOSE
 

TOPPAN HALL

アーティストプロフィールArtist Profile

荘村清志(ギター)Kiyoshi Shomura, guitar

 

9歳よりギターを始める。巨匠イエペスに認められ、1964年からスペインで師事。69年の日本デビューでは「テクニック、音楽性ともに第一人者」との高い評価を得た。71年には北米で28に及ぶ公演を行い、国際的評価を不動のものにした。74年NHK教育テレビ「ギターを弾こう」に講師として出演、一躍全国にその名と実力が知られることになった。
2007年NHK教育テレビ「趣味悠々」のギター講師として再登場、改めて日本ギター界の第一人者としての存在を強く印象づけた。08年ビルバオ交響楽団の定期演奏会に出演。同団とは《アランフェス協奏曲》を録音、09年にCDをリリース。15年にはイ・ムジチ合奏団と共演、録音も行った。
17年から、ギターの様々な可能性を追求する「荘村清志スペシャル・プロジェクト」(全4回)に取り組み、さだまさし、coba、古澤巌、錦織健らと共演、ジャンルの垣根を越えたコラボレーションが話題となる。最終回となる2021年4月には、cobaに委嘱したギター協奏曲も演奏し、注目を集めた。
19年にデビュー50周年を迎え、自身初のバッハ・アルバム「シャコンヌ」をリリース、全国でリサイタルを開催。20年、朝日新聞の連載「人生の贈りもの」をまとめた書籍「弾いて飲んで酔いしれて ギターとともに50年」(吉田純子編著)を出版。21年10月にはイサーク・アルベニスの作品を集めた最新盤「旅の思い出」をリリースした。
現在、東京音楽大学客員教授。

荘村清志
©Takanori Ishii

Page top

ページトップへ